卵子提供プログラムの流れ

1. 依頼者との情報交換(メール、電話、FAX)

プログラムが依頼者の希望に沿ったものであるか、また、健康状態や様々な条件をしっかりと事前に確認します。 費用や不安な点があれば、どんなことでもご相談ください。 医師ともよく相談して、卵子提供を受けられるかどうか決断する事をおすすめします。

2. 渡米スケジュール調整

渡米希望日に医師やコーディネーターとのスケジュールを調整します。

3. 渡米(1回目)

依頼者にロサンゼルスのクリニックまでお越しいただき、ドナーデータベースの回覧、カウンセリング、診察を行います。 十分に時間がとれるよう1人の依頼者につき3~4時間程を想定しています。
渡米は最短で1泊3日です。

4. 診察後LA Babyとの契約。手付金の支払い


5. ドナー決定

ドナーとの契約は、二名の弁護士を介し、双方の個人情報を厳守して行います。

6. LA Baaby エージェンシー料の支払い


7. 渡米(2回目)

LA Babyにて依頼者の渡米プランを手配しますので、移植日に合わせて渡米していただきます。
渡米は通常は5泊7日です。

8. 日本での妊娠判定・妊娠期・出産

妊娠後は、産婦人科医の指示に従ってください。

 卵子提供チェックリスト

卵子提供プログラム