費用について

LA Baby では、依頼者が有意義に最先端の治療を受けられるよう、 金銭的な負担を最小限に抑えたコーディネートプランをご用意しています。
クリニックとの提携により、エージェンシー料を極力抑えたプランを実現している他、 渡航費や滞在費においても、依頼者のご希望に沿ったプランをご提案します。
およその総費用は下に記載しますが、個人差がありますので多少変動する可能性がございます。

- 総費用 -

ロス : 32,400~33,400ドル
ハワイ : 39,000~41,000ドル

(飛行機代や宿泊費等は含まれていません)

※1ドル=80円で計算した場合の総費用は以下のようになります
ロス : 259万2000円~267万万2000円
ハワイ : 312万円~328万円
(飛行機代や宿泊費等は含まれていません)

- 内訳 -

  • 医療費(顕微授精、アシストハッチング、ドナー薬代、1年間の凍結受精卵保存料なも含む)
  • 卵子提供者への謝礼
  • ドナーの追加検査代や必要に応じての治療費や薬代
  • エージェンシー料

注)
弁護士料やドナー保険料、心理審査料、法律時の通訳料、弊社シャトルバス料などはサービスで行っております。
ドナー保険は全て弊社にて負担します(不測の事態に備え、しっかりとした保険でカバー)。
ドナーの初回診察料は全て弊社で負担します。
ドナーの初回の検査で、問題が発生しても、追加費用なしでドナーを変更できます。
ハワイの場合、日本在住ドナーも登録していますが、日本在住ドナーの飛行機代やホテル代も全て含まれています。
男女産み分けの費用は、含まれていません。

- よくある質問 -

質問
総費用が低料金な理由を教えて下さい
回答
以下の理由が考えられます。
  • 実績が多く、クリニックから特別な料金を設定していただいているため。
    (弊社は、ロスとハワイのクリニックと実際に提携している唯一のエージェンシーです)
  • 弊社に登録している多くのドナーが、ロサンゼルス近郊に住んでいるため、殆どのドナーは移動費の追加請求はありません。
  • 弊社所有の宿泊施設があり、ドナーの宿泊費を節約できるため。
  • エージェンシー料を最小限に抑えているため。
  • ドナーに問題が発生しても、費用は弊社で負担しているため。
  • 総合病院や大学とも繋がっているので、バックアップも容易なため。

 ロスでの滞在について
 お申込み・お問い合わせ

卵子提供プログラム