本文へスキップ

ロサンゼルス・東京・ホノルルを拠点にする卵子提供エージェンシー

Since2004

:: English Page

代理出産プログラムSurrogacy Program

代理出産プログラム

卵子提供

代理出産プログラムは、子宮に問題がある、もしくは卵子を採卵できるが不育症などで流産を繰り返している、そして夫の精子に問題がない場合に行うプログラムです。
通常は妻の卵子と夫の精子を体外受精して受精卵を作り、その受精卵を代理母の子宮に移植します。
妊娠出産の過程は代理母がしますが、赤ちゃんはご夫婦の遺伝子を100%受け継いでいます。
卵子提供と代理出産の組み合わせでも治療は可能です。
今までの不妊治療ではどうしてもうまくいかず、新たな選択肢をお探しの方におすすめします。


代理出産プログラムの流れ

  1. お問い合わせ
    メール、電話でのお問い合わせの上、コンサルテーションを行います。

  2. 渡米1回目
    弊社と契約を結んだ後、クリニックでご夫婦の検査を受けて頂きます。

  3. 代理母のご紹介
    米代理母エージェントネットワークを通じて代理母をご紹介します。

  4. 代理母との契約
    ご紹介する弁護士を通じて、代理母と契約を結んで頂きます。

  5. 採卵
    ・奥様が採卵の場合
    ロサンゼルスのクリニックで奥様の採卵を行います。

    ・卵子提供者が採卵の場合
    卵子提供を行う場合は卵子提供者との契約後、採卵を行います。

  6. 代理母へ受精卵移植
    代理母への移植後妊娠判定を行います。

  7. 渡米2回目
    妊娠から約10ヵ月後の代理母の出産に立ち会って頂きます。

  8. 帰国
    出産後、赤ちゃんの出生証明書、パスポートを入手して帰国して頂きます(現地滞在約2〜3週間)

費用について

代理出産プログラムは非常に複雑です。
おおよその総費用は下に記述しますが、あらゆるリスクなどもございます。
卵子提供プログラムとは違って、予定している総費用以上の予算がかかる可能性もあり
希望される場合は、まずはご連絡ください。

総費用約$139,000〜$158,000
(飛行機代やホテル代、食事代など、全て含めた金額です)

高額な費用がかかり、返金の制度もありませんので、よく相談して決断して下さい。
また、必ず成功するという事ではありませんので、よく考える必要があります。
合計金額は滞在費や出産後の赤ちゃんの医療費なども考え、2000蔓延前後と考えた方が無難です。

・赤ちゃんの医療費、出生証明書、パスポート申請費用、その他の経費は含まれていません。これらは自己負担です。


LA Baby (本社)卵子知恵教エージェンシー

11500 Olympic Blvd Suite 450
Los Angeles CA 90064 USA
TEL 310-775-9320

LA Baby (東京)卵子知恵教エージェンシー

〒105-0004
東京都港区新橋4-21-3
新橋東急ビル3階
TEL 03-6895-7507

メール/LINE卵子知恵教エージェンシー

メール:contact@lababy.us
LINE ID:lababy